前へ
次へ

段取りよく労働相談をしよう

期間の定めのある雇用契約、派遣社員のケースでの労働相談には、『退職』という問題があるようです。
辞めたいタイミングで辞められるのか、会社から在職を求められたなど、契約社員や派遣社員の退職問題の相談内容も様々です。
しかし、半年や1年などの雇用期間による労働契約が締結されています。
ですから、法律的には病気や怪我によって働けなくなるなど、やむを得ずという問題でない限り、期間満了まで退職することができません。
また、辞めたら損害賠償や違約金の請求などによる脅し文句、これに屈することも法律上ないようです。
弁護士をはじめ、労働相談の専門家に相談したくないのなら、まずは退職の意を示した証拠を残しましょう。
内容証明郵便で退職通知を送ることも問題解決の1案です。
派遣のみならず、正社員の場合には労働期間に定めのない雇用契約ですから、この場合には原則として2週間前に退職の意を告げる民法が適用されるので気をつけましょう。
退職するまでには段取りよく、ここもポイントです。

Page Top