前へ
次へ

弁護士に労働相談をすること

労働相談をできるところというのはいくつかあります。
様々なホットラインがナショナルセンターとして出来ていたりするのでそういうところを探してみると良いでしょう。
或はもう最初から弁護士に労働相談をするというのも良いです。
むしろ、話をスムーズに進めることができる、という点においてはそれが大きなメリットといえるやり方となります。
いろいろな相談をするわけですが不当解雇されたとかセクハラとかパワハラといったような労働相談があります。
この手のことであれば、相談を労働基準監督署などでも受け付けているということになりますが労働基準法違反ではないタイプの労働相談に関してはなかなか受け付けてくれないということになっています。
ですが弁護士であればそういう相談であろうとも受け付けてくれるということになりますのでやはり最初から弁護士に行った方が良いということも多いです。
相談に関しても費用はかかりますが、まずよい方向へと進むことができます。

Page Top