前へ
次へ

有給休暇が取れないなら労働相談を行う

それぞれの会社には休日や労働時間などの決まりを就業規則で定めています。
一応休日以外は働くことになりますが、すべて働こうとするとかなり働きすぎになるのでしょう。
そこで労働者の権利として有給休暇が認められることがあります。
必ずしもすべての労働者に権利があるわけではありませんが、一定の勤務期間を経た人などが1年あたり何日まで取得できるなどの仕組みになっています。
労働者は有給休暇を取得したいときに申請をすれば休め、休んだとしても給料は減額されません。
ただ有給休暇を申請してもそれを受け付けてくれない会社もあるようです。
もし有給休暇の取得を拒否されるなら労働相談をしてみましょう。
通常は労働者が申請した日に対しては有給休暇を付与しなければいけませんが、会社においてもどうしても休まれては困るときもあります。
繁忙期などには有給休暇の時季変更権を会社は主張して従業員に別の日の取得を依頼することは可能です。
労働相談をして取らせない理由が時季変更権によるものかを確認してみましょう。

Page Top